おまとめローン前に過払い請求は?影響は?

おまとめローンの前にしておきたいことの一つに過払い金の確認があります。過払い金とは、違法金利によって支払い過ぎた利息分のことです。
これは2010年の法改正以前に発生した問題で現在は解消されていますが、依然として法改正以前に返済した債務の中には過払いが発生している可能性があります。これを確認しないままおまとめローンを契約するのは損なので事前に確認してみましょう。

過払い金が発生するケースは利息制限法を超える金利で返済を行っていた場合です。元金10万円未満は年利20%、元金10万円以上100万円未満は年利18%、元金100万円以上は年利15%を上限としているため、これを超える金利で貸付を受けている人は引き直し計算をしてみてください。
引き直し計算は、債権者に取引履歴の開示請求を行い、それを元に利息制限法の上限金利で正しい利息を計算し直す方法です。この利息から超過して支払っていた利息分を取り戻すことができます。

おまとめローン 通りやすい審査ではまとめる債務額が影響してくるため、過払い金を取り戻してまとめる債務額を減らすことで審査に通過しやすくなるという利点があります。また、請求しておかないと取り戻せるはずのお金もまとめてしまうことになり、返済額に影響してくることになるので必ず取り戻したうえでおまとめローンを利用することをおすすめします。

過払い金の請求自体は自分で行うこともできますが、弁護士に依頼するのが一般的です。